眉メイク初心者にもおすすめ!
簡単な美眉の描き方講座




TOPICS

  • part.1 眉メイクの基本
  • part.2 簡単な眉の描き方
  • part.3 美眉になるためには



part.1 眉メイクの基本


メイクのステップで一番難しい…と言われているのが「眉メイク」。皆さんも一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。眉は顔の印象を大きく左右する重要なパーツです。自分に合った描き方をマスターして、愛され美眉を目指しませんか?眉メイク初心者の方でも、ポイントさえおさえれば簡単です。まずは基本のおさらいから始めましょう。

眉の「黄金バランス」を知ろう!

眉メイクで一番大切なのが眉のバランス。

ここが崩れてしまうと、いくら綺麗に描いてもイマイチな仕上がりになってしまいます。

まずは基本の「黄金バランス」をしっかりおさえておきましょう。

・眉頭は、小鼻の延長線上
・眉山は、黒目の外側と目尻の間
・眉尻は、小鼻と目尻の延長線上
・眉頭と目尻の高さは水平な一直線上

大きな鏡で眉のバランスをチェック

意外と見落しがちなのが鏡。

小さな鏡だと黄金バランスがとりにくく、眉だけが浮いた仕上がりになってしまうことも。

特に朝メイクする時は、必ず顔全体が見える大きめな鏡で、なるべく床と垂直になるように意識して顔をうつすのがポイントです。

置き鏡の場合は、覗き込まずに鏡を目線の高さに合わせましょう。

大きな鏡で全体のバランスを見ながら描いた後、手鏡で細かい部分を確認して微調整すると失敗しにくくなります。

眉を描き始めるタイミングはいつ!?

基本はベースメイクの後、アイメイク前!

もちろん絶対的な決まりはないのですが、ポイントメイクの最初に描き始めることでナチュラルな眉に仕上がりやすくなります。 眉は「顔のフレーム」とも言われているので、先に描いてしまえばアイメイクやチークの塗る幅などが決めやすくなるのです。 最後にまたメイク全体のバランスに合わせて、眉の濃さを調整していきましょう。

パウダーとペンシルの違い

〈パウダータイプ〉
・やわらかな線が描ける
・自然な陰影が作りやすい
・2色以上の配色になっていることが多い

〈ペンシルタイプ〉
・細くはっきりとした線が描ける
・眉毛を一本一本描き足すのに便利
・繰り出し式のタイプと鉛筆タイプが一般的

他にもリキッドやティントなどいろいろなタイプのアイブロウアイテムがありますが、パウダーとペンシルはメイク初心者の方や不器用な方でも比較的簡単に描けるのでおすすめです。

アイブロウのカラーはどう選ぶ!?

⇒髪色よりワントーン明るいカラー

髪の色よりも少し明るめのカラーにすると、違和感のない自然な眉色に仕上がります。 黒髪の方は、ダークブラウンやグレー系の色味がおすすめです。



part.2  簡単な眉の描き方



Step スクリューブラシで毛並みを整える
毛量が多い人は、アイブロウする前にスクリューブラシで眉を整えておくとGOOD!最初にこうして毛流れを整えることで、毛の足りない描き足すべき部分が明確に。
Step アイブロウペンシルで眉山から眉尻を描き足す
眉山から眉尻に向かい一本一本毛を描き足すように描いていく。眉尻が太くならないように注意!
Step アイブロウパウダーで眉山から眉頭を描き足す
眉山から眉頭に向かって、左右対称になるように足りない部分を描き足していきます。眉頭が濃くならないように注意。
Step 眉マスカラで毛流れを整え色付けする
眉尻から眉頭に向かい毛に逆らって色をつけ、眉頭から眉尻に向かう際毛流れを整えていくます。肌についてしまうと眉が濃く見えてしまうので注意。



part.3  美眉になるためには


眉の描き方は生え方や濃さによって人それぞれ。まずは自分の眉がどんな形なのかをよく観察してみることが大切です。それから「黄金バランス」とステップさえ身につければ、愛され美眉が簡単に手に入ります!さっそく実践して、毎日の眉メイクを楽しんでくださいね。


さらに自分に合ったメイクを知りたい方は
メイクレッスンにご参加ください!

LESSON MENU

好きなレッスンを探そう